映画「ディアトロフ・インシデント」感想

映画「ディアトロフ・インシデント」を見ました。

『クリフハンガー』『ダイ・ハード2』のレ二ー・ハーリン監督最新作
「エリア51」を超える世界最大の謎
実在した「ディアトロフ峠事件」の真相に迫るSFアクション!
そこは、地球上で最も近づいてはならないエリア。

1959年ソビエト時代、スキーでウラル山脈を越えようとした9人の登山グループが遭難。
その後捜索隊に発見された遺体の5体は極寒の中ほぼ裸体で、そのうち数名は激しく外的損傷を受けていた。
残り4遺体は数ヵ月後にキャンプ地から離れた崖下の雪中から発見、中には舌が失われていたものまであった。
さらに犠牲者の着衣から高濃度の放射能が検出、事故現場から半径数キロ圏内では数ヶ月間に謎のオレンジ色
の光源の目撃談が相次ぐなど不可解な謎が多く、当時の政府からは調査結果が公表されないままソ連時代の崩壊を迎え、
「ディアトロフ峠事件」は人々の記憶から風化されつつあった。
今、その謎を解明すべくアメリカの5人の学生が動き出す。 そして彼らは、決して踏み込んではならなかった「世界で最も近づいてはならない」ディアトロフ峠の現場へと辿り着く…。

あと1作かりたらお得になる・・・あらこれランキングに入ってるね、おもしろそう、手にとったこの作品
なんと配給会社はあのアルバトロスたんだったという・・・!!
とても、アルバトロスたんちっくなB級でしたが、でも一捻りあって面白かったです。
オカルトスキーなら喜ぶネタがおおかったのも( ´∀`)bグッ!

内容は、実際にあったディアトロフ峠事件の解明をする、POV式のフェイクドキュメンタリーでした。
普通のフェイクドキュメンタリーとは違い、実際の事件を解明するっていう設定は面白かったかなと思います。

ディアトロフ峠事件-wikipedia

一応サスペンスに入るので、ネタバレ全開な感想になりますので、未見の方は注意っ!
それでは大丈夫な方は、続きを読むからどうぞー

実際のディアトロフ峠事件とは

ディアトロフ峠事件(ディアトロフとうげじけん)とは、1959年2月2日の夜、当時のソ連領ウラル山脈北部でスノートレッキングをしていた男女9人が不可解な死を遂げたこと
で知られる事件である。事件は、ホラート・シャフイルKholat Syakhl山(Холат-Сяхыл、マンシ語で「死の山」の意[1])の東斜面で起こった。
事件があった峠は一行のリーダーであったイーゴリ・ディアトロフ(ジャートロフ、ジャトロフ、Игорь Дятлов)の名前から、
ディアトロフ峠(ジャートロフ峠、ジャトロフ峠、Перевал Дятлова)と呼ばれるようになった。
当時の調査では、一行はマイナス30度の極寒の中、テントを内側から引き裂いて裸足で外に飛び出したとされた。
遺体には争った形跡はなかったが、2体に頭蓋骨骨折が見られ、別の2体は肋骨を損傷、1体は舌を失っていた[2]。
事件は人里から隔絶した山奥で発生し、生還者も存在しないため未だに事件の全容について不明な点が残されている[3][4]。当時のソ連の捜査当局は“抗いがたい自然の力”によって9人が死に至ったとし[3]、事件後3年間にわたって、スキー客や探検家などが事件の発生した地域へ立ち入ることを禁じた[2]。

以上、Wikipediaより引用

というもので、今でもその原因がわかってないという実在の事件です。

その事件の謎を解明しに、アメリカの学生5人が事件現場へと赴くのですが、はじめに彼らは行方不明になっていること、
そしてそこに残されたビデオテープがあったが公開されていないことがわかります。
でも公開されていないビデオテープは、あるハッキング集団によりハッキングされ、ネットに公開されました。
これは、その動画を映画化したものです。みたいな感じです。

ああきたね、これきたね、フェイクドキュメンタリーの基礎だね(`・ω・´)シャキーン
ベタなフェイクドキュメンタリーなのかなとも思いつつ、でも実際の事件がベースになっているので、
この映画でその事件の原因をどう解明するかも気になり、
ラストまで面白くみれたかなという感じです。

ロシアにきて、急病で下山し唯一生き残った男性に会いにいこうとすると、もう彼は死んでるっていわれるけど、
でも彼と思われる人が窓に、ロシア語で「近づくな」っていう警告を書いたメモをだして、主人公達に危険をしらせるとか、
もうね、このベタな感じが逆にいいってかんじでした!

また当時の救援隊の人が、遺体は9体ではなく11体あったと言っていることも判明。
残りの2体の遺体はどこに・・・??

事件現場に行く途中ではったテントの外にとても大きな人の足型が・・・
こんな裸足ではすぐに凍傷になってしまうし、それにこんな大きい足型は人間ではありえない・・・

主人公の女の子に対して、そんなに面白い映像がとりたいのかヽ(`Д´#)ノ ムキー!!
おまえヤラセしたろヽ(`Д´#)ノ ムキー!!と一行はなるけど、女の子はそんなことやってない。
そして使われていない風速計でみつかる、人間の舌。

いざ事件現場についてみると、磁場が強いからなのか、高度計もGPSも狂っている。
そもそも、事件現場には歩き続けても夜に到着するはず、こんなに早くつくのはおかしい。
事件現場でどこに遺体があったかを検証していくうちに、「外からロックをかける」怪しい扉を発見してしまう・・・

うん!とてもB級!でもそれが( ・∀・)イイ!!ベタだけどそれが( ・∀・)イイ!!てかんじで見てました。
早くつきすぎるのはいくらなんでもおかしいだろうけど、でもここまで来たからには何かを撮って帰りたいという
ホラーものにつきものの、早く引き返しておけばなにも起こらなかったのにが発生するのも( ´∀`)bグッ!
しかも、怪しい扉のロックあけちゃうしwwwwwもう、ホラーでこれやったらヤバイって行動を全部してて
逆にそれが( ・∀・)イイ!!って感じでした。

事件現場にテントをはって寝ていると、おそらく爆発音がきこえたので、人為的に雪崩を起こされてしまう主人公たち。
ここで、リア充な女子が戦線離脱します。

そうまずね、こう( ゚∀゚)o彡°おっぱい!おっぱい!要因からいなくなるのも王道だよね!

雪崩により、リア充男子も負傷して動けなくなります。
そこで照明弾をうちますが、それはオレンジ色の光でした・・・
実際の、ディアトロフ峠事件で近隣住民がみたという怪しいオレンジの光は、助けを求める照明弾だったのでは?
それがわかったときの絶望感がこう、たまらないなーと思いました。

照明弾をみて、救助がきますが、早すぎることに疑問をもつ主人公たち。
もしかして自分たちを始末しようとしてる・・・?っておもったら( ゚д゚)ビンゴーだったという
救助隊はいきなりこちらに発砲してきます。
どうやらここには秘密があるらしいということがわかります
ここでリア充男子は戦線離脱です。リア充からいなくなりますね、本当王道です。

主人公たちは身をまもるために、怪しいドアに行きます。
扉のロックをあけたときは凍って開かなかったドアてすが、今は力をこめれば開けれるかもって開いたっ!
ってことで、残り3人は扉の中に逃げ込みます。

外からのみロックをかけらる扉の中に逃げ込むって死亡フラグだと思うの・・・
そして当たり前のように、外からロックをかけられてしまいます。

まあそうだよね、外からロックをかければほっとけば死ぬからね。
でも死ぬわけにはいかない主人公たちは、出口を探すことに

この出口をさがす途中でどうやらこの施設は軍の秘密組織だったらしく、色々な実験をやったっぽいとか、
そしてフィラデルフィア実験の報告書もあったりとかっ!

フィラデルフィア実験キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
これは、オカルトスキーな管理人には嬉しかったです!
フィラデルフィア実験とは戦艦ごと瞬間移動させるという実験だったのですが、
その結果、瞬間と時空移動はできたけど、乗組員達は、戦艦にくっついたり、精神が病んだりと
無事にかえってこれたものはいなかったというものです(適当

フィラデルフィア計画-wikipedia

この施設なに・・??どういうこと?
そしてこの施設でみつけたビデオカメラ、それは自分たちのビデオカメラでした。
今自分たちはビデオカメラもっている、でも同じものがここにある・・・
なぜ?ここは時空が歪んでるの?
そしてフィラデルフィア実験のことが重なり、もしかしたらここは強い磁場により、瞬間移動ができるのではないかと。
とやっていると

でここでなんか怪物キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!
動きがはやくて、瞬間移動しているような痩せている人型の怪物キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

逃げる主人公たちは、扉を発見、そこに逃げ込みますが、
どうやら怪物たちはそこに追い込んだもようで・・・
どこにも逃げ場がない主人公たち。ここで終わりかと思うと、
原住民の壁画を発見します。
そしてその先には、強い磁場をもつ空間が。

あの怪物たいが瞬間移動できていたのは、この強い磁場をもつ空間を通ったことで、瞬間移動できるようになったのでは?
助かるにはこの強い磁場空間でここから逃げ出すしかない!と飛び込む主人公たち・・・!!

ここどうなるんだろうとハラハラしていたら、でたのはなんと当時のディアトロフ峠事件現場・・・!!
つまり余分な2つの遺体は主人公たちだったってことでした

ここおおおおおお!ってなりました!
このあと主人公たちは外からロックされる施設につれこまれます。
外見は、主人公たちがあった怪物にそっくり・・・

つまり、2つの余分な遺体は主人公たちでまた、主人公たちを襲っていた怪物も実は主人公たちだったという・・・!!!
ここの一捻りがとてもおもしろかったです!

主人公の女の子がどうしてもこの事件に惹かれるといっていたのは、
タイムパラドックスにより、ここにこなければいけなかったからかもしれません。
ここにこないと遺体が11体にならないし、怪物もうまれない。

フィラデルフィア実験のことや、ラストの一捻りがとてもおもしろくて、個人的には満足した作品でした。
アルバトロスたんなのに面白いよどうしよう

でもこれって、ディアトロフ峠事件の解明はしてないんですよね( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
なのでてきとーにまとめてみました

・事件現場は磁場が異様に強い、そして磁場が強い場所だとタイムワープもできる
・あの強い磁場空間をぬけたら、瞬間移動できる怪物になる

おそらくこの磁場が異様に強い洞窟は太古からあり、原住民はそこを神聖な場所としていた。
それをソ連軍部が発見、フィラデルフィア実験の磁場の件とかも重ねあわせ、
これはどういうものかを研究することになった。
今回の事件で雪崩をおこして、主人公たちを殺そうとした組織はいることは判明しているので、
ここの場所自体、ソ連にとって秘密にしておきたいんじゃないかとゲスパー

軍はフィラデルフィア実験のようなものを実験していたけど、そこに強い磁場空間により
現代からワープしてきた主人公たち怪物がやってきて、その怪物にここを破壊される。
怪物たちを外にださないために外からロックすることになった・・・??
でも主人公たちがきたときも外からロックっぽかったので、
もしかしたらこの施設はなにかあったら、外からのみ封印できるようになってたのかもしれません。

で、強い磁場といえば、事件現場は強い磁場がありそこに主人公たちがたどり着く予定時間より早くついてしまっている
→磁場により、時空間が歪み、早くついてしまったのかなと
照明弾をみてきた助けは、現代風の格好だったので、おそらく洞窟の強い磁場空間をぬけるときは
長期間のタイムワープができるけど、事件現場付近の磁場基本は数時間とかしかタイムワープはできないのかなと。

ディアトロフ峠事件は舌がなくなっていた女性がいて、その舌が主人公たちがみつけた風速計においてあったってことは
怪物は外にでて、風速計に舌をおけたってことだよね。
で、怪物は時空間を瞬間移動できるので、主人公たちが舌を確認できたのではないかなと。
ずっと雪山なら凍るけど、そのまま舌が保存されているっていうのは夏とかがくるって考えるとおかしいし。

なので、この時点で外にでる扉はしまってなかったはず。
扉がしまってる時は物理移動できないみたいなので、一旦外にでたんじゃないかなと
でも結局、怪物たちは軍によって追い込まれ扉によってとじこめられてしまったと

もしくは、この洞窟の強い磁場空間は太古からあったので、そこをなんらかの儀式かで通過した人たちが怪物となっていて、
その怪物たちが当時の事件の被害者の女性の舌をとったのかもしれません。
ディアトロフ峠事件が発生した時間付近に怪物達がタイムワープ→ディアトロフ峠事件の被害者を襲い、彼らは遺体となる
→そこに主人公たちもタイムワープして遺体が11体となる→主人公たちは軍の施設にいれられて実験されそうになるけど、そこで
関係者をみなごろしにする

なかんじなのかなー。でも証拠がなさすぎて、色々考えられてしまいますねー

短く書こうと思ったら、思いの外長くなってしまいますた( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

ベタで王道なB級フェイクドキュメンタリーだけど、ちょっとひねった展開もある、
頭空っぽにして楽しめる作品かなーと思います!
暇なときにみるのおすすめですっ

 

コメントを残す